メンタル

容姿にあまりにも執着し過ぎているアナタは身体醜形障害

 

こんにちは。アグリーキキです。

ご覧くださり、ありがとうございます。

突然ですが、見た目や容姿にやたらと気になっていませんか?

それ、

身体醜形障害 (Body Dysmorphic Disorder)かもしれません。

私も身体醜形障害でした。しかし今は克服しています。

女性に特に多い障害。アナタももしかすると、、

顔・体・頭等の悩み過ぎが酷い。

身体醜形障害って?

容姿全体あるいは身体の特定部分について、言われてみれば分かる程度の些細な欠点や理想像との違い等を大きな外見の問題としてとらえ、極めて自分が醜いと悩むことで生活に支障を来しているこころの病気である。そして、多くの場合、自分の苦しみや生活のつまづきの原因すべては自分の外見にあると考え、手術で容姿を修正すれば問題が解決すると思い込んでいることが多い。

https://www.biyouseisin.com/seishin/seishin3/

私も身体醜形障害でした。

クリニックへ通ったことはありませんでしたが明らかに症状が身体醜形障害に当てはまりました。

1、症状

・鏡を頻繁に見る、もしくは鏡を避ける。

・帽子やマスク、サングラス等で気になる箇所を隠す(メイクも濃いめ)。

・他人に必要以上に「自分の〇〇は変ではないか」と聞く。

・美容整形等行う。

何度も繰り返してしまう。

・他人と触れ会う機会を避ける、止める。

幾つか当てはまった方もいらっしゃると思います。

 

私は、ほぼほぼ当てはまりました。特に鏡を見るのが止めれなくて、気になる箇所、『鼻』

をずっと見てしまっていました。自然と涙が溢れ出てくるのです。それでもどうしても気になり見続けるのです。

勉強をしていても鏡を手元に置いて数分おきにはチェックしてしまい勉強どころではなくなります。

買い物へ行く時も人の目が気になり行くのをやめ、ネットショッピングで買い物をするようになりました(今の時代はとても便利だ)。

スーパーへは深夜営業をしている所で夜中に食材を買いに行きました。勿論マスクと帽子は必修です(怪しがられる)。

 

 

皆さまはいかがでしょうか。このような症状に当てはまっていれば身体醜形障害の可能性は高いでしょう。

そもそもなぜ身体醜形障害が起こるのでしょうか?

2、原因

身体醜形障害は母子関係の影響が最も大きいとされる。通常、乳幼児期に母親から十分な愛情を得ることで自分や人を信じる「基本的信頼」を獲得する。幼児期では「自律性」を身に着け、程よい距離の母子関係が出来る。児童期では「自主性、主体性」を獲得する。このようなライフサイクルの過程で母子関係に何らかの問題が生じ、以下のような母親との間に生まれた特殊な心理的背景の存在が原因と考えられる。

https://www.biyouseisin.com/seishin/seishin3/

 

より具体的な例はクリニークデュボワ・美容整心メンタル科

様を検索して下さい。

 

身体醜形障害を引き起こす原因として幾つかありますが、私は幼少期の頃から可愛い子として育ててもらい又周りの人からも可愛い子と言われ育ってきました。

しかし大人になるにつれて言われなくなり自分が思っていた容姿のレベルとリアルな自分は違うのだと言うギャップが生まれ悩みとなりました。

それが私の身体醜形障害になってしまった入口であったと思います。

克服方法

決して治らない事はありません。事実私は今は克服出来ました。

私が調べた結果ですが、二つの治療方法がありました。

1、薬物治療

例えば不安、抑うつ、焦燥感が強く自殺念慮が見られたり、強迫観念・行為が酷く苦痛が強い時など。(副作用もあるみたいです)

2、精神心理療法

どのようにして身体醜形障害と向き合っていくのか、方向性などをアドバイス。

 

じっくり時間をかけて自分自身を向き合うという事です。

 

私の場合はご存知の通り、クリニックへは通いませんでした。

自然と身体醜形障害が消えていったという感じです。つまり、

・鏡を必要以上に見なくなった。

・気になる箇所『鼻』を以前より考える事が減った

です。

なぜ自然と消えていったのかは正直わかりません。しかし時間が解決してくれたと考えています。メンタル系の本を読んだり動画を見たりしたのでそれらによって救われた部分もあります。

又、「私って変なんじゃないんだ」と身体醜形障害という名前があることに気づけた事も克服出来た理由の一つです。

原因が分かった、とても心が楽になりました。

 

経験者のアドバイス

今この記事を読んでくださっている方の中には身体醜形障害の方がいっらしゃると思います。もしくは、今気づけた方も多いにいらっしゃるでしょう。

身体醜形障害は女性に多く特に若い10代から20代と言われています。

アナタだけが容姿で悩んでいません(身体醜形障害と言える程)。間違いなくこの数年、これから先自分と同じ身体醜形障害になってしまう方が増えます。しかし克服する事は可能だです。私は出来たから。

どの位で克服できるのかは人それぞれですが、私が思うに1人で悩んでいるなら早目にクリニックへ行き誰かの助けを受けて欲しいと思います。

私は時間が解決してくれましたが、やはり1人というのは精神的に良くないし誰かに助けてもらった方が気が楽になると思います、適確なアドバイスを確実に得れるでしょう。

 

最後に

まさか自分が身体醜形障害になるなんて想像もできなかったですし、そもそもそんな名前がある事自体知らなかったです。きっと皆さまもそうだと思います。

気にしたくないのに気になってしまうある部分。止めようと思えるのに止めれない自分。ますます自分が嫌いになるのに考える事がやめれない。

SNSやカメラアプリが発達するせいで余計に自分の事をマイナスに考えてしまう(周りを自分と比べる)。

 

今の時代本当にネガティブに捉えてしまう、その結果身体醜形障害に陥いってしまいます。

 

なってしまった事は仕方がありません。それをどう克服するか、早く復帰できるよう行動するか。

これが一番重要な事だと思います。

助けを求める所は沢山あるので1人で抱え込まず専門の機関できちんと向き合って克服して欲しいと願います。

 

 

 

 

 

最後までご覧くださり、ありがとうございました。

アグリーキキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
アグリーキキ
アグリーキキ
アグリーキキ【恥が私の武器】 美容整形を失敗され、職を辞め友達0人。人生挫折しどん底デスパレート。#私を反面教師に