整形談

経験者、カウンセリングは慎重にという事

 

こんにちは。アグリーキキです。

サイトへのご訪問、ありがとうございます^^

私ごとですが、ブログ更新の継続なんと、半月が経ちました。

こんなにも継続できるなんて思ってもいなかったのですが、皆さま(特に整形を考えている方)に私の美容整形の失敗をお伝えして、リアルな整形についてシェアしたい!との思いで今日に至っています。

 

そんなこんなですが、17日目の今回の記事は美容整形ってやっぱり正直でないと感じたことをシェアします。

 

*この記事For You*

・スバリ!美容整形を検討している方



 

カウンセリングって意味ない

カウンセリングで全ては話されない

黒いまるで囲っているところ、お分かりいただけると思います。一部くぼんでいるところがあります。

実はこれ2回目の修正でついた傷です。しかしカウンセリングの時にこの傷がつくとは1度も話されていませんでした。

 

私が受けたクリニックは主に鼻の再建をメインとするクリニックでとても有名なところです。なのでもちろん先生もそれなりのスキルをお持ちです(症例写真が沢山上げられている)。

「どこどこに傷がつく」と言う事はおそらく検討ついていたはずですが、結果的に私はカウンセリングで1度もここに傷がつくと言われず結局この傷がついてしまいました。

何が言いたいかというとカウンセリングでは結局は全ては話されないのです。

おそらくおおよそどこに傷がつく、や手術内容の検討はついているはずなのですが、美容整形界は利益も優先している(個人の意見)ので全てカウンセリングで教えてくれるには限界があと感じます。

身をもって感じた事です。

 

クリニックに問いただした件

どうしてカウンセリングの時点でここに傷がつく可能性があると教えてくれなかったのか、知りたくてクリニックに問い合わせました。納得のいく説明が欲しかったからです。

私としての疑問:

傷がおおよそこの辺りにつくのは予想できたはず(私のような特殊な鼻再建を得意としている先生だから)なのに伝えてくれなかった理由は?

先生:

①手術時に予測する事が難しいため十分な説明が出来なかった。

②普通なケースだと傷跡が残らない部位ですが、特殊なケースだとみられます。

③術後に起こる特殊なケースまで予め予測してご案内するのは厳しいのでその時(カウンセリング)に説明は出来なかった。

 

(⇨うまく対応できなくて申し訳ないとの謝罪があった。)

 

との回答でした。納得はいきません。

 

アグリーキキ
アグリーキキ
結局謝罪で丸めこまれるのです。

 

美容整形とはこんなものです。

 

整形を検討されている方はカウンセリングの際十分に注意を払って下さい。

 

カウンセリングの際にして欲しい事6つ

  1. メモは必ず
  2. 何枚もなりたいと思う像の写真は持参して
  3. 録音できれば希望
  4. カウンセリングは複数行く事(料金がかかってもケチらないで!)
  5. そのクリニックで働くスタッフさんにも話しを聞く
  6. もしクリニックで手術されたスタッフさんがいれば出来れば体験談を聞く

1)メモをとることで、先生にも「きちんと聞いていますよ」アピールになる!

2)複数枚持参すると先生もどんな風になりたいのかイメージがつきやすい!

3)術後に言った、言わなかったとならないためにも可能であれば録音しておく!

4)何度も足を運び先生に話を聞いて納得のいくカウンセリングにする!

5)スタッフさんにも先生についてや、他のお客さんの感想もあればこまめに聞いておく!

6)実際の体験談をリアルに聞くとより整形するイメージが湧く!

 

最後に

『カウンセリングは親密に丁寧に』と謳っているクリニックがほとんどですが、ウソだと思うぐらいの気持ちでカウンセリングを受けて下さい。

つまり、図太くカウンセラーや先生に質問し細かいところまで何度も納得のいくまで問いただすのです。そうすると、私みたいに”そんな事なぜ教えてくれなかったのか”とはなりにくいはずです。

 

口コミや1回、2回のカウンセリングの情報だけで美容整形を決断しないで下さい。

何度も何度も目げ図に先生に問いただすことが、整形失敗への道を歩まない方法の一つだと思います。

 

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

 

アグリーキキ

 

ABOUT ME
アグリーキキ
アグリーキキ
アグリーキキ【恥が私の武器】 美容整形を失敗され、職を辞め友達0人。人生挫折しどん底デスパレート。#私を反面教師に